2020年7月の読書記録(1)

7月は、スマホ教室のための本を含めて14冊+α
kamoneko.JPG
一番おススメの本
『カモメに飛ぶことを教えた猫』
   著者:ルイス・セプルベダ 訳:河野 万里子
 猫とカモメの後ろ姿が描かれた表紙に惹かれて
 読書感想文コンクールの指定図書として
 劇団四季ファミリーミュージカル2019で「裸の王様」と一緒に
 スペシャルメッセージをYouTubeで観ることができます。
「勇気を出してふみ出そう 本当の自分を見つけよう」 全力で挑戦する事   異なるもの同士の愛      自分とは違っている者を尊重し、愛する事
 本の中の言葉です。心に響きます。
 コロナウイルスの感染が心配な時、とても勇気をもらえました。

スマホ教室の参考資料
『48歳からのスマホ入門-アンドロイド対応
   基本から応用までバッチリ使える!-
   著者:リプロワークス
 電話、メール、写真などの初歩的な操作の入門書。
 カラー版で大きめの文字使いなので
 40代以上には見やすく分かりやすい
 私にも十分役に立ちました。

『こういう写真てどう撮るの?
 -漫画だからスラスラ読める-(上達やくそくBOOK)
   著者:森下 えみこ 監修:上田 晃司 コムロ ミホ
 構図や露出などについて漫画で分かりやすく書かれていました。
 スマホで素敵な写真を撮って、フォトブックを作りたいです。

『いちばんやさしい
   キャッシュレス決済の教本』
   著者:川野祐司
 ”いちばんやさしい”という言葉を信じて読んでみたが、難しかった。
 おそらく半分も理解できなかった。
 スマホの勉強のために借りたけど、
 前半は海外の例も出てきて特にややこしい。
 キャッシュレス社会になっていくのだろうけど、
   スマホやクレジットカードを持てない人々(経済的な理由などで)も
   使えるような工夫が必要だと感じた。

『最高に得する
   キャッシュレス決済』
   著者:岩田 昭男
 キャッシュレス決済の基本や様々な決済サービスについて
 丁寧に紹介されていてとても分かりやすかった。
 還元が6月で終了したことが残念!!


『シルバー川柳
  誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ
 社団法人全国有料老人ホーム協会主催のシニア世代を中心とした
 川柳傑作選(2012夏)
 「LED 使い切るまで 無い寿命」
 「恋かなと 思っていたら 不整脈」
 「万歩計 半分以上 探しもの」
 くすっと笑えて、しみじみして 心が和みました

『がんを疑われたら最初に読む本
  ~プライマリケア医の立場から~
   著者:高橋 基文
 現在の医療技術での検査や治療などについて解説。
 専門的だが、がんと向き合うための心構えやヒントなどもあり、
 いざという時に参考に出来る良い本です。

『心をつかむ文書は日本史に学べ』
   著者:加来 耕三
 歴史好きは、楽しく読める。
 歴史好きでなくても文章を書く上で参考になります。
 心をつかむ文章が書けるって素敵です。憧れます。

今回は、ここまでにします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

おやすみなさい。💤




"2020年7月の読書記録(1)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント