2020年11月の読書記録(3)

11月の読書記録(3)

『パソコンで描く「絵」の描き方』

著者:堀内 辰男

エクセル画面上で、図形を使いマウスで絵を描きます。
マウスアートとも呼ばれています。

私のパソコン教室でも学習することがあります。
自分の描いた絵を葉書に印刷して出したり、
手提げやTシャツにアイロンプリントしたり、
オリジナリティが出てとても楽しい作業になります。

ただ、技術的なことは練習し、
コツさえつかめばできる作業なのですが、
私自身の絵心がないのが難点です。


『言葉のお守り 1集』 『言葉のお守り 2集』

著者:詩・いらすと わたなべ あけみ

3集まで出ています。
心が温かくなる言葉にほっこりします。

疲れている時に読むと、
またがんばろうと元気がでます。


『マンガでわかる落語 古典落語のあらすじ、

寄席の楽しみ方が一目瞭然!』

著者:春風亭 昇吉

マンガ:谷端 実 

落語といえば、子どもの頃から慣れ親しんだ
「笑点」でしょうか?

古典落語のあらすじがマンガでわかりやすく
解説されています。

寄席の楽しみ方や江戸切絵図で歩く落語の舞台
などもあります。

最近のお笑いにいまいちついていけない私には、
落語の方が面白いかもです。




本3.JPG

『知り得ないものは全てデタラメ』Art street版

著者:likearl(ライクアール)

第36話 狩る何方の怪⑯


第37話 狩る何方の怪⑰


「厄災の子」の真相が明らかになっていきます。
人と精霊との間で起こった古の出来事。
「精霊の加護者」とは?

聖と倫太郎は、謎を解くことができるのか?

日常と非日常、或いは現実と夢
その線引きは、いったいどこなのだろうか?


11月の読書も目標の10冊以上を達成!
ジャンルは、ビジネス本・詩集・電子書籍・漫画 等々
私の読書のスタイルは、1冊ずつ読むのではなく、
常時、3冊以上の並行読みです。

本との出会いは、人との出会いに似ています。
大切にしたいことです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント