テーマ:読書

2020年8月の読書記録

私自身が後悔してきたことに対してあの時、悩んで出した結果を受け入れもう自分を許してあげてもいいよね と思わせてくれた本を紹介します。 『ライオンのおやつ』        著者:小川 糸 若くして余命宣告を受けた主人公が、瀬戸内の島のホスピスで過ごす日々が綴られています。 本のタイトルや表紙のイラストからは、「死」と向き合うことを連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の読書記録(2)と8月の満月

7月の読書記録(2)『月と暮らす。-月を知り、月のリズムで-』   著者:藤井 旭 月の満ち欠けや月に関する言葉、文学、暮らしなどについて綴った文章とともに月の美しい写真が載っています。 今夜から明日の明け方は、満月です。8月の満月は、「スタージャンムーン(チョウザメ月)」。日付が変わり8/4(火)1時頃に満月になるそうです。 前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年7月の読書記録(1)

7月は、スマホ教室のための本を含めて14冊+α一番おススメの本『カモメに飛ぶことを教えた猫』   著者:ルイス・セプルベダ 訳:河野 万里子 猫とカモメの後ろ姿が描かれた表紙に惹かれて 読書感想文コンクールの指定図書として 劇団四季ファミリーミュージカル2019で「裸の王様」と一緒に スペシャルメッセージを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月の読書記録(2)

長文ですが、最後までお付き合いください。『超訳マンガ×オチがすごい文豪ミステリー』   著者:朝霧カフカ編・石川オレオ漫画江戸川乱歩「人間失格」、太宰治「犯人」「畜犬談」、芥川龍之介「藪の中」「おぎん」、大倉燁子「妖影」、泉鏡花「外科室」、谷崎潤一郎「白昼鬼語」、夢野久作「瓶詰地獄」、森鴎外「高瀬舟」全10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月の読書記録(1)

6月の読書記録。 今回は、特に印象に残った一冊の感想。 『ぼくはイエローで  ホワイトで、   ちょっとブルー』       著者:ブレイディみかこ ずーっと気になっててやっと読むことができました。話の展開が興味深く、一気に読んでしまった。 読後、考えさせられた。いや、考えなくてはいけないのだろう。 人種差別、ジェンダー、貧富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新!亭主関白宣言。

面白い本を図書館で見つけ読んでます。 『妻の顔は通知表 新!亭主関白宣言。』 作者は、全国亭主関白宣言協会会長 天野周一さん 『リセット』という雑誌の連載で前から知っていたので、 図書館で見つけて即借りました。同時に 『亭主力 夫婦円満家庭円満の新!方程式』も借りました。 どちらも共感し、涙が出るほど笑えます…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

読書の秋

今日も秋晴れの一日 連休中に衣替えと家の掃除をしてしまう予定でした。 それなのに昨日図書館で借りてきた本を読むのに、 時間を使ってしまい反省です。 面白い本があれば、 小説・SF・ファンタジー・エッセイ・恋愛ものから マンガまで読んでしまいます。 今日読んだのは、『彩雲国物語 紫闇の玉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長 読書の秋

心配していた台風17号の影響もあまりなく、静かな夜です。 パソコンで作った読書の秋に役立つ「ブックカバーと栞」です。    土曜の夜は、次の朝早く起きる用がないと、 遅くまで起きて読みたかった本や パソコン教室の教材の準備をして過ごしてます。 マウスアートといって、図形の楕円や三角形などを 利用して色を付けていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more