2020年12月の読書記録(2)

2020年の読書記録(2)

大人のたしなみ.jpg

『オトナのたしなみ』

著者:柴門 ふみ

著者の柴門ふみさんと言えば、

「東京ラブストーリー」「あすなろ白書」など。

若い頃、ドキドキしながら観てました。

最近ではTVで「恋する母たち」が話題になっていたので

最終回だけ観ました。

私の人生では起きそうにない状況ではありますが、

なぜかドキドキしてしまった。(もしかして不整脈?)

内容は、女が年を取るということ、悪口との上手な付き合い方、

孤独な老人にならないためには

共感を持てるオトナのたしなみが詰まった指南書的1冊です。



『男社会がしんどい        

   ~痴漢だとか子育てだとか炎上だとか~

著者:田房 永子

痴漢犯罪が無くならない問題に始まり、保育園不足問題、

コンビニの成人誌コーナー(オリンピック前になくなりましたが)

根深い男社会、理不尽な状況、

おかしいと思ったことに声を上げることが難しい日本。

そして今コロナの時も、国は助けてくれないのか?

と考えさせられました。



『傷ついたあなたへ         
―わたしがわたしを大切にするということ
DVトラウマからの回復ワークブック

著者:レジリエンス


DVは、目に見えなかったり、抜け出すことが難しかったり、

何より当事者でしか分からない、当事者さえも分からない問題があると考えています。

DVやトラウマと向き合い、乗り越えていくことは大変なこと。

この本は、分厚くなく色も優しく手に取りやすいものになっています。

各項目に質問と、チェックリスト、書き込みがあり、

分かりやすくて使いやすくなっています。

実際にDV被害者だった著者の言葉に優しい癒しを感じます。


 『傷ついたあなたへ〈2〉       
―わたしがわたしを幸せにするということ
DVトラウマからの回復ワークブック

著者:レジリエンス

『傷ついたあなたへ』の2冊目。

ドメスティクバイオレンス(パートナー間の暴力)が

社会問題となり、知られるようになったが、

若い世代のデートDVなど DVは一向になくなりません。

DVの被害者の女性たちの治療法・回復のための、ワークブックです。



『暴力は絶対だめ! 』

著者:アストリッド・リンドグレーン

翻訳:石井 登志子

『長くつ下のピッピ』の作家リンドグレーンが19781022日、

ドイツ書店協会平和賞の授賞式で

述べられたスピーチが収められています。一部抜粋です。

「知性や理解力は生まれつきのものかもしれませんが、生まれたての子どもには、善良に育つのか、あるいは邪悪に育つのか、ひとりでに芽生える種子はありません。子どもが、連帯意識をもつ力をそなえた、人を信頼できる、心の温かい人間になるか、あるいは冷酷で破壊的な一匹狼になるかは、この世界でその子どもを受け入れる人たちが、子どもに愛情がどんなものかを教えるか、教えずに放っておくかによって決まるのです。」

一文一文が心に響いてきます。

子どものしつけに暴力は不要・・・本当にそう思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント